We wanna MOVE!- Opening the door on future mobility research - Inspire Talks February 18th 2021

更新日:9月8日


このイベントは終了しました。こちらより録画がご覧いただけます。Please check the video here:

https://youtu.be/HqA1-zY1_H4


(English follows.)

(In this event, translation to English will be available.)


最先端の研究・デザイン活動を紹介するカジュアルなラボ・トークイベントシリーズ「インスパイアトーク(Inspire Talks)」。引き続きオンラインで配信します。


COVID-19のために移動の自由が制限され、きゅうくつな思いをされている方も多いことでしょう。次回のインスパイアトークでは、自由な移動が再び戻って来る日を待ち望んで、少しフライング気味ですが、モビリティの未来を語り合います!


東京大学生産技術研究所からは中野公彦(教授)が、「適切な理解と応答を導くヒューマン・マシーン・インタフェース」と題してプレゼンします。安全な運転を行うためには、人と機械の間で、どのような情報の伝達を行うのが良いのか、検討の例を紹介します。


ロイヤルカレッジオブアートのIMDC(Intelligent Mobility Design Centre)からはJiayu Wuが登壇します。モビリティ分野の情報システムやプロダクトにおけるユーザーエクスペリエンスなど研究の一端を解説します。


もう一件は東京大学DLX Design LabとイスラエルのBezalel Academy of Arts and Design Jerusalemから共同研究のご紹介です。道路など公共スペースにおける人とAVとの関係 - コミュニケーションパターンの研究について、Yuri KlebanovとRonel Morがプレゼンします。


プレゼン後、登壇者の4名が、視聴者の皆様からの質問を交えて、本間健太郎(東京大学生産技術研究所)のモデレーションによりカジュアルなトークセッションを行います。


日時:2021年2月18日(木)19:00~20:30 (日本時間)(進行によって終了時間が多少前後します。)

言語:日本語、英語 ※日本語、英語とも同時通訳が付きます。

参加方法:こちらのページよりお申込みください。

https://inspiretalks0218-21.peatix.com/

当日の接続方法については日程が近づきましたら適宜ご連絡が届きます。


参加費:無料


Despite being constrained with COVID19 restrictions there will come a time when we can freely move again. In that future, new and exciting means of experiencing mobility will become available. In this month's Inspire Talks we take a glimpse on what research is happening in the Royal College of Art, The University of Tokyo and Bezalel Academy of Arts and Design to explore these futures.


Date and Time: February 18th (Thursday) 19:00 - 20:30 hrs (JST) 10:00 - 11:30 hrs (GMT)

How to book: Please sign up from the following page:

https://inspiretalks0218-21.peatix.com/

We'll let you know a Zoom link for participation via Peatix nearer the date.

Participation Fee: Free

Translation: Japanese will be simultaneously translated into English.


Nakano Kimihiko, who studies human-oriented mobility engineering at the Institute of Industrial Science at The University of Tokyo, will present his research on the future of communication between humans and vehicles.


From the Intelligent Mobility Design Centre at the Royal College of Art, Jiayu Wu will talk about her studies on user experience for transportation services, new mobility solutions, and future design predictions for alternative vehicle types and technologies.


We are also privileged to have a speaker from Bezalel Academy of Arts and Design Jerusalem, Ronel Mor, who will jointly present a collaborative project with Yuri Klebanov from the DLX Design Lab, on the communication patterns between humans and public transport automated vehicles.


A casual talk session among the four speakers will follow moderated by Kentaro Honma from the Institute of Industrial Science, The University of Tokyo.

Looking forward to see you there!