Ronel Mor

デザイナー、教育者、アントレプレナー

Ronelは1994年からインタラクションデザインの分野で活躍しています。1998年、テルアビブにインタラクションデザイン会社Mantisを設立し、国際的に有名なブランド、美術館、テレビ放送局、金融機関、Intel、Microsoft、SanDiskなどのグローバル企業のデジタルメディア関連プロジェクトをリードし、この分野で受賞もしています。Mantis社は、後にイスラエルの大手商業テレビ放送局であるKeshet TV社に一部売却され、同国で最も野心的なインターネットプロジェクトをいくつも主導しました。さらに、20年以上にわたり、高等教育プログラムの教員として学界に深く関わり、主にエルサレムのBezalel Academyで7年間インタラクティブデザイン研究の責任者を務めたほか、数多くの学術的なイニシアチブやプログラムに携わってきました。また、UXやブランディングの分野で著名な講演者でもあり、イスラエルや世界各国の専門家や学術団体の著名なイベントで講演を行っています。

 

Designer, educator and entrepreneur.

Since 1994 Ronel has been active in the discipline of interaction design. In 1998 he founded Mantis, an award winning interaction design firm in Tel Aviv, where he led and directed digital media related projects for internationally acknowledged brands, museums, television broadcasters, financial institutions and global corporations such as Intel, Microsoft and SanDisk. Mantis was later partially sold to Keshet TV, Israel's leading commercial TV broadcaster and accounted for some of the most ambitious internet initiatives in the country.

Additionally Ronel has been closely engaged in academia for over 2 decades as a faculty member in higher education programmes - mainly at Bezalel Academy in Jerusalem where he was the head of Interactive Design studies for 7 years and in numerous academic initiatives and programs. Ronel  is an acknowledged speaker in the fields of UX and branding and speaks at prominent professional and academic events in Israel and worldwide.