Dylan Yamada-Rice

Senior Tutor in Information Experience Design at the Royal College of Art

Senior Lecturer Immersive Storytelling, MMU

 

私は、研究者でありアーティストでもあります。私の専門は、デジタルストーリーテリング、アプリや拡張現実、バーチャルリアリティなどさまざまなプラットフォームでのゲームや遊び、テレビの新しいコンテンツなど、子ども向けのメディアに重点を置いたものです。そのために、私は学界とキッズメディア業界を横断した研究を行っています。多くの場合、社会科学の手法とアートやデザインの手法を組み合わせて使用しています。また、グラフィック・ナラティブを使ってデータを分析したり、絵を描いて考えたり、物語を語ったりしています。

アーティストとしては、リサーチプロセスの一環として、ドローイング、映画撮影、バーチャルリアリティを使って、実験的なビジュアルやマルチモーダルな手法を探求しています。このようにして、私は情報経験デザインのアプローチを取り、研究プロセスに参加者を巻き込むとともに、データの発見(情報)をデザインや制作(経験)に結び付けています。

I am a researcher and artist. I specialise in digital storytelling, games and play on a range of platforms such as apps, augmented and virtual reality, as well as new content for television, all with an emphasis on media for children. To do so I conduct research that crosses academia and the kids media industry. Often using a combination of methods from social sciences combined with those from art and design. I also use graphic narratives to analyse data, think through drawing and tell stories.

As an artist I use drawing, film photography and Virtual Reality to explore experimental visual and multimodal methods as part of the research process. In this way I take an Information Experience Design approach to including participants in the research process, also to connect data findings [the information] to design and production [the experience].